年寄りの冷や水昔懐かしバイク乗りblog

古いバイクを自分で修理して乗っているじじいです。

MVX250F

MVX250F衣替え完了

11月26日(木)
MVX250Fの変身が完了しました。
以前のカラーはこちらです。

IMG_4403

変身後です。
IMG_4398

IMG_4400

人それぞれ好みがありますが、どちらかといえば、じじいの好みは前のほうがよかったかもです。ちょっと赤が強すぎますね。
ま、しばらくはこのカラーでいきたいと思います。

MVX250F衣替え準備

11月19日(木)
現在所有しているMVXのカラーは白赤青のトリコロールカラーであるが、MVXには3種類のカラーがあり、この際衣替えもいいかなと思い、オクを検索していると赤黒白カラーのタンクとサイドカバーを見つけたので購入してみました。商品はタンク内サビありということでしたが、その通りサビが結構ありました。早速錆取りに着手します。
最初にサンポール液1リットルを入れて4日ほど放置しておきます。
IMG_4368

次に高圧洗浄機で洗浄します。
IMG_4371

次に水を入れ替えしながらシャッフルすること10回、結構サビも落ちて綺麗になってきました。サビというより腐ったガソリンカスが固まったものが多いようですね。
IMG_4370

次に中性の錆取りコーティング剤を入れて24時間放置です。今回使用したのはデイトナのタンククリーナ、あまり高額ではないものを使用してみました。さて、効果のほどはどうでしょうか・・・!
IMG_4372

空いた時間にサイドカバーの爪が折れていたのでプラリペアで修復します。
IMG_4366

接着する前の成型が結構大変でしたがうまく接着できました。ま、これが折れていてもカバーはネジ止めなのであまり関係はありません。
IMG_4367

そんな訳で、当分MVXの記事が続きます。
つづく

MVX250Fキャブ整備完了

11月8日(日)
1番キャブフロートチャンバーから若干にじみがあったので、とりあえず液体ガスケットを塗布し再度キャブを取り付けて早速火入れをしてみた。カラキックを5回ほど行い燃料を送り、キーを入れてチョークを引いてキックすると一発始動です。暖気後のアイドリングを1500回転に設定し安定しています。吹け上りも鋭くいい感じです。

IMG_4359

それではと早速試乗してみると、今までは9000回転付近で頭打ちになり、10000回転までは惰性のようであったが、今度は一機に10000回転までストレスなく回ります。オー・・・スゲーぞ!
IMG_4295

よし、これで完璧じゃな。ナハハ・・・と喜んでいると、なんとウインカーが点灯しないではありませんか。喜んでいる場合ではないぞ、直ぐに帰って原因の追究です。
一体なぜ、なぜなんだ??? リレーは通電している、配線も断線箇所は無いし、スイッチの接触の疑いもあるのでとりあえず接点復活材をスプレーしてみたが、復活しません。

IMG_4360

IMG_4361

こまったちゃんです。じじいは電気関係は苦手なんですよね。今日は時間切れでここまでとします。後日配線図を見ながら点検作業をしましょう。
つづく

MVX250Fキャブ整備その3

11月7日(土)
昨日のつづきでオクでゲットしたキャブの清掃をしました。
状態はすこぶる良いです。しかし、エアーバルブの開きはバラバラでした。すべてマニュアルどおりの1回転4/3戻しに設定します。
IMG_4355

チャンバー内もクリーナーでキレイになりました。フロート油面調整はマニュアルで15.5㎜となっていますが、ほぼ同じでしたのでそのままとします。
IMG_4356

早速組み付けてガソリンを注入してみます。
IMG_4357

1番キャブフロートチャンパーと本体の隙間からガソリンがにじんでいるのを発見しました。
IMG_4358

やはり見た目は良くても38年の年数はごまかせませんね。フロートチャンバーのパッキンは交換を要します。でも、純正部品は無いし、これだけのために〇スターを購入するのは高額なのでちょっとね・・・! はて、どうしたら良いかと思案中ですが、方法としては液体ガスケットで処理するか、パッキンの代替品を見つけるかですね。
つづく

MVX250Fキャブ整備その2

11月6日(金)
昨日から始めたキャブの整備ですが、オクでジャンク品として出品されていたキャブを格安で落札したので、早速点検に取り掛かりました。外観はホース以外欠品は無さそうで、ビスなども傷んでいないので、一度も開けていないのではないかと思われます。
IMG_4347

ステーに多少錆はありますが、こちらのほうがかなり程度が良いことが判明しました。
同調もバッチリ合っています。
IMG_4348

フロートチャンバーを外してみると中はガソリンガムも無く結構きれいな状態で、
パッキンも弾力がありまだまだ使えそうです。また、フロート高さ位置も3つとも揃っています。
IMG_4350

スロージェットは♯38で、メインジェットは♯125で、すべて純正品です。
IMG_4351

よしよし、これはかなりの良品です。ラッキー・・・!
こちらのキャブに載せ替えすることに決定しま~す。
明日はキャブの洗浄だな。!
つづく
ギャラリー
  • 動態確認走行会good oldays
  • 動態確認走行会good oldays
  • 動態確認走行会good oldays
  • 動態確認走行会good oldays
  • 動態確認走行会good oldays
  • 自吸ポンプの故障です
  • 自吸ポンプの故障です
  • 自吸ポンプの故障です
  • 自吸ポンプの故障です