年寄りの冷や水昔懐かしバイク乗りblog

古いバイクを自分で修理して乗っているじじいです。

CBX1000点火系点検

7月5日(金)
先日タイヤ交換の時に、マフラーを外したのですが、エキパイを覗くと1番と6番のエキパイに煤が堆積していたのを発見しました。そこで、点火系の異常かと思われたため、早速点火系の点検をすることとしました。まず、プラグですが、1番6番のプラグは特にかぶりも無く、焼色はややグレーのような感じです。2番は理想的なキツネ色です。3、4、5番は2番と同じだと推測されますので、面倒なので確認しませんでした。

こちらが1・6番プラグの状態ですが、ややグレーです。
240701141821730

こちらが2番のプラグですが、いわゆるキツネ色の良い焼け具合になっています。
240702172302685

ま、とにかくストックしてあったコイルを交換します。
240701135815778

交換した当時物のコイルです。
240701135852375

イグナイターもストック品と交換します。
240630163920101

240701140043183

1番キャブの油面高さですが、ほぼ正常値の範囲内だと思います。
240701142341058

6番キャブも同様に正常値です。
240701142542041

エンジンを始動してエキパイの温度を計測してみます。
若干の温度誤差はあるものの全ての気筒で均等にいい具合に燃えているものと思います。
240704142347841

240704142356012

240704142403893

240704142431225

240704142425787

エンジンは以前と同様にふけ上がりも良くすこぶる調子がいい感じです。
そんなこんなで、なぜ1.6番のエキパイに煤が溜まっていたのかはイマイチ不明ですが、じじいにはその原因究明はこれが限界と諦め、納得はいきませんが、今回は異常なしということでまとめたいと思いま~す。

はて・・・?  「とことん追求すべきだろう」とは天の声か・・・? ε=ε=(;´Д`)


揚水ポンプ交換工事

7月2日(火)
なんと水田に水が上がりません トホホ・・・! 水稲栽培では死活問題です。
パイプラインを引いていない一部の水田に、自前で近くの川からポンプで水を汲んでいるのですが、何故か突然水が上がらなくなってしまいました。
モーターは問題なく動いているので、原因として考えられるのは、ポンプの不良、給水管の破損によるエアー混入のどちらかですね。
さて、困ったぞー・・・! 早く修理しないとこれから水が必要な時期になるのに~~~。

と、いうことで、とりあえずポンプを購入して交換します。
現在のポンプは2インチ3500回転で、本来はBベルト2本で稼働するのですが、Aベルト1本で動いていました。軸ベアリングも傷んできており、ゴーゴーと結構な音を立てていました。
240521105900036

急遽同じ2インチの2000回転のオーバーホールしてある中古ポンプを購入しました。
結構重量があります。当然設置するには鉄板台座のボルト止め穴もポンプに合わせて新規にドリルで開け、また、ポンプのプーリーは回転数に合わせた大きさで、Bベルト用にして2本ベルトにしました。
240702082132231

河川からの取水状況です。塩ビ管100で30mほど土中に埋め込んであります。
240702082244545

ポンプを交換し、試運転しますが水が上がりません。トホホ・・・!
しかし、これで原因が明らかになってきましたね。恐らく給水管途中で管が破損してエアーが噛んでいることが原因ですね。しかし、破損個所を見つけるのが大変です。
さて、どこだ・・・! 給水管に呼び水を入れて暫らくすると土中から水が湧きだしてきましたよ・・・そこ掘れワンワンで発見、なんと100のL型ソケットが割れています。最近の割れではなさそうですね。
240702110443597

無我夢中で工事中の写真は在りませんが、塩ビ管100から75・50への変換ソケットなどを使用し、修理完了しました。
240702082202203


再度スイッチオン 出たぞー出たぞー・・・! これで今年も美味しいごはんが食べれるよ。(´∀`*)
240702082410735

緊急工事完了しました。でも、ポンプが原因ではなかったので、なんか少し損した気分ですが、ポンプは軸ベアリングを交換してオクで売却して修理費の足しにしましょうかね。
疲れた~(´?д?;`)

CBX1000後輪タイヤ交換

6月30日(日)
久しぶりの投稿となりました。じじいも農作業や草刈りが忙しく、また、自分自身も腕の怪我「左肘に水が溜まり腫れている」などがありまして、バイク弄りどころではありませんでした。そんな訳で、肘はまだ快復していないのですが、いつできるか判らないので天候が悪く草刈りができない日を狙い、思いきってタイヤ交換に着手しました。
まだまだ使えそうなんですが、次の車検には交換は必須となるので、今回思い切って交換します。
240623140237851

今回交換するタイヤはダンロップGT601です。
240623140716079

このCBXのタイヤ交換は、マニュアルだと簡単にできるような説明になっていますが、マフラーを外さないとシャフトが抜けないし、後ろにずらしても泥除けが邪魔になり、じじいがやるにはどうしてもマフラーを外す必要があるのです。
240623140325281

色々なところを外してやっとこさタイヤが外れました。
240624092729506

外したマフラーのエキパイを覗くと、なんと1番と6番が煤でまっ黒すけになっています。
240624093917755

これは、なんかトラブってるな!!!・・・CBXの点火は1番と6番が同じ点火コイルなので、電気系統のトラブルかもしれませんね。早速RS様に相談しましたが、レギュレーター、コイル、プラグコード、キャップその辺を点検をした方が良いのではとアドバイスを戴きました。後で点検しましょう。
240624094048824

今回は肘が腫れているのでタイヤの交換は外注しましたが、
とりあえずタイヤは取り付けました。
240628135531544

なんとかマフラーも一人で取り付けすることができました。
このCBX後期型は左右のマフラーを接続しているセンターのパイプがあり、これがあるために脱着・接続がチョーめんどくさいのです。無ければどうってこと無いのですがね・・・!

240628163415198

ま、なんやかんやと大変でしたがタイヤ交換完了です。
ドクターより肘はあまり動かさないよう安静にしてくださいといわれてましたが、そんなことすっかり忘れ、頑張ってしまいました。また、なんか少し腫れが増したような感じです。
ナハ・・・!(´?д?;`)
ギャラリー
  • CBX1000点火系点検
  • CBX1000点火系点検
  • CBX1000点火系点検
  • CBX1000点火系点検
  • CBX1000点火系点検
  • CBX1000点火系点検
  • CBX1000点火系点検
  • CBX1000点火系点検
  • CBX1000点火系点検